手づくりを楽しむ毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクのETIMO

先日発売された数量限定のピンクETIMO、入手しました。
ETIMOは以前から気になっていたのですが、買わずにいてよかった~。(笑)
05_20101124185842.jpg

ケースも、グリップも、ペン先もピンク。
使うたびに嬉しくなるかぎ針です。
道具がかわいいとテンションが上がりますね。
06_20101124185903.jpg

左から、ハマナカのらくらく両かぎ針、クロバーのペンE、チューリップのETIMO。
どれも8号なのですが、かぎ先の形状は微妙に違います。
これから使い込んでいったら自分に合うかぎ針がわかるのかな。
ただ、編むものや糸によってこのかぎ針の方が編みやすい、というのはあるような気がします。
07_20101124185902.jpg

ジャンボかぎ針は、ニットプロとダイソーのものを使っています。
ダイソーのは安いですが、なかなかの使い心地です。
とくにモヘアを編むときはひっかかりの少ない金属製がおすすめです。
08_20101124185902.jpg

スポンサーサイト

棒針編みの道具

かぎ針編みに比べ、棒針編みは針の種類や本数も多くて揃えるのが大変です。
母は上手な人だったので、輪針だけでほとんどのものを編んでいましたが、今の私には無理。(汗)

棒針はクロバー「匠」の8号と5号だけ持っているので、お試しの意味もかねて4号から15号まで「ニットプロ・シンフォニーウッド」で揃えることにしました。
色がとてもかわいくて、編んでいて楽しい気持ちになります。
表面もなめらかで気持ちが良いし、針先がとがっているため模様編みがしやすいです。
ただ、材質が木のため、しなりがあまりなくて固さが少し気になるかな。
「匠」は針先に丸みがあり、竹特有のしなりもあるので、手や指にやさしい感じがします。
私はいまのところ「匠」のほうが好きですが、慣れの問題かもしれないですね。
そのうち「匠」も揃えて、目的に合わせて使い分けするかもしれません。
(でも編み針って高い~!)
02_20101008133315.jpg

こちらは付け替え輪針の「ニットプロ・ノバメタル」です。針先が金属製。
↑の棒針と同様に木で揃えたいなぁとも考えたのですが、使い分けができるかしらと思い、こちらにしました。
少し編んでみたところ、なめらかすぎてつるつる滑る~。うっかりすると目を落としそうです。
そのぶん、すべりが悪い糸を編むのには最適だと思います。
金属といっても重たい感じはしないし、冷たさも感じないし、私はとても気に入りました。
03_20101008133314.jpg

こちらはソックス編み用の6本針。
ソックス用の糸と一緒に買いました。
0号針はつまようじより細くて、ちょっと力を入れたらポキッと折れそう。
夫の足のサイズが28cmあり、市販のものではなかなかいいソックスが見つからない(種類が少ない・高い)ので、私服用ソックスを編んであげたいなと思っています。
04_20101008133314.jpg

こちらは手袋用の4本針。
4本針も「匠」で2サイズ持っているのですが、長すぎて使いづらいので、短いのを買いました。
聞いたことがないメーカーのものだけど、使いやすそうです。
最近はソーイングから遠ざかっていますが、そのうち時間をみつけてケースを作ってみよう。
05_20101008133313.jpg

こちらは私が10年以上も前に編んだ夫とお揃いのアルパカの手袋。(夫のは酷使しすぎて、昨年ついに穴が開いてしまいました)
夫は毛糸の中ではアルパカが好きなのだそうです。
昨年はカシミヤで編んだマフラーとベビーアルパカで編んだマフラーをプレゼントしましたが、アルパカのほうしか使ってくれていません。
↓の手袋に穴が開いた後は他の手袋を使ってくれないし…。(涙)
私に比べてデリケートな肌の持ち主なのです。
今冬はベビーアルパカの糸で夫の手袋を編みます!
06_20101008133313.jpg

以前の記事にも書いた小物類。
07_20101008133312.jpg

テキスト本は2冊。
上の本の方がとっつきやすいのですが、下の本の方が詳しいので、両方活用しています。
それに書かれていることも微妙に違ったりする…。
そのあたりもおもしろいです。(笑)
08_20101008133345.jpg

本日、記事二件更新しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。